アートと法律

東京で弁護士をしています。舞台、ミュージカル、クラシックなどのアート、芸術が好きです。twitter: @stephan_lawyer

音楽教室での演奏について著作権料を徴収する?

つい先日、JASRACが、音楽教室での演奏について著作権料を徴収する方針とした、とするニュースが流れました。この問題について論争になり話題になりましたので、今日はそもそもなぜこのような問題が起きるのかについて書きます。

 

まず、例えば、私があるミュージシャンの楽曲をコンサートなどで「演奏」することは、そのミュージシャンの演奏権の侵害に該当する可能性があります。

 

著作権法第22条:著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。

 

この条文から分かるように、演奏権に該当するためには、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的とする必要があるのです。そして公衆とは、不特定または多数の人を指します。

そうすると、コンサートという不特定多数の人に聞かせることを目的として楽曲を演奏することは、原則としてはそのミュージシャンの専有している演奏権を侵害することになるのです。

 

ここで、音楽教室での演奏について考えてみます。

音楽教室での演奏は、例えばグループレッスンなどで先生が生徒に対して指導のために楽曲を弾いたり、生徒が練習曲を披露することがあると思います。

JASRACは、このような演奏が公衆に直接見せ又は聞かせることを目的とすると言っているのです。音楽教室のこのような演奏にこのような目的があると言えるのでしょうか。今回のJASRACの判断について、今後どのように展開していくのか見守っていきたいと思います。

 

JASRACの今回の問題は、著作権法の趣旨や目的を再考するいいきっかけになったのではないでしょうか。

著作権法の目的は、「著作権者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与すること」(著作権法第1条)にあります。

著作権者等の権利保護とは何か、何が文化の発展に寄与するのか。ストリーミングや様々なサービスが生まれる現在。その現代的意義については再考する必要があるように思います。